イソハエトリ

Hakka himeshimensis (Dönitz & Strand 1906)

国内では北海道、本州、四国、九州にかけて分布。南西諸島のものは同種かどうか検討の余地がある。体長 8 mm 前後。海岸のみに生息し、磯や岩壁、石浜などに見られる。耐性があるのか、海水に水没させても簡単には死なないが、他のハエトリがどうかは作者にはわからない。
オス (佐渡島産)。ネコハエトリとの違いをうまく説明できないが、本種はやや体が平たく、毛っぽくない。また、糸疣の付け根が白い。

メス (佐渡島産)。斑紋はほぼオスに同じ。

© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus