カノコハエトリ

Chinattus furcatus (Xie, Peng & Kim 1993)

国内では種子島からのみ記録あり。体長 3 mm 前後。極めて美しく、文句なしで作者が一番好きなハエトリ。和名は作者の命名、橙褐色の地に白点の散ったオスの容姿が子鹿を連想させることにちなむ。現在本属 (カノコハエトリグモ属) に含まれる日本産の種は本種を含め 4 種あり、オスは外見で容易に区別できる。メスは互いに似るが、本種は腹部にうっすらと 1 対の明斑が見えることから区別できる。樹林地の落葉上に見られる。九州など近隣の地域からの記録が期待される。
 
論文: Suguro T. 2014 Japanese spiders of the genus Chinattus (Araneae: Salticidae). Acta Arachnologica, 63: 7-14.
オス (種子島産)。発見時は美しさのあまり絶叫した。日本産の他種には類を見ない琥珀色。
メス (種子島産)。頭頂部は短毛によって独特のビロード状のつやがある。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus