キタヤハズハエトリ

Mendoza ibarakiensis (Bohdanowicz & Prószyński 1987)

国内では北海道および本州に分布。本州では千葉県以北に多い。体長は 9 mm 前後。ヨシやススキ、ササの葉上に見られる。水辺に多い印象
 
オス (茨城県産)。黒地に白い点斑が並ぶ。腹部は暗金色。
メス (茨城県産)。腹部の褐色の帯は全体的に黒い不定形斑に蝕まれる。
また、おそらくどの個体も頭頂部に毛がない。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus