国内では本州から記録あり。体長は 4 mm 前後。オスの外見はキレワハエトリにきわめてよく似ており、作者には区別できない。メスは容易に区別できる。また雌雄とも生殖器では容易に区別できる。河川敷や水田の周りの草地に見られる。採集例は少ないが、決して個体数が少ないわけではないと思われる。

クロツヤハエトリ

Sibianor nigriculus (Logunov & Wesołowska 1992)

オス (茨城県産)。

メス (茨城県産)。

© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus