キョクトウゼブラハエトリ

Salticus latidentatus Roewer 1951

大阪府および兵庫県から記録あり。体長 4 mm 前後。本属 (ゼブラハエトリグモ属) は科のタイプ属であり、現在のところ日本産の種は本種のみ。公園や埋め立て地などで樹幹に見られ、移入種である可能性もある。
[写真の個体を提供してくださった村上協三さんに心より感謝申し上げます。]
論文: Yamasaki, T. & Suguro, T. 2018 Taxonomic note on Salticus latidentatus (Araneae: Salticidae) – a spider species new to the fauna. Acta Arachnologica, 67: 81-85.
オス (兵庫県産)。上顎が長く、それをまたぐため触肢も長い。
メス (兵庫県産)。明瞭な斑紋をもつ。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus