マツモトハエトリ

Bristowia heterospinosa Reimoser 1934

国内では本州および南西諸島から記録あり。体長 3 mm 前後。オスの長い第一脚が特徴的。林内や草原、裸地などの藁の下や落葉層に見られる。
[写真のオス個体を提供してくださった緒方清人さんに心より感謝申し上げます。]
オス (愛知県産)。改めて見ると基節と転節の長さに驚く。
腹部にはうっすらと 1 対の白線がある。
メス (東京都産)。腹部は対を成す暗線の間に山型斑が並ぶ。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus