ミナミカラスハエトリ

Rhene setipes Żabka 1985

国内では恐らく八重山諸島にしか分布していない。体長は 4 mm 前後。林縁から林内の樹上に見られるが、採集例が極めて少ない。本属は分類学的整理が不十分であり、国内にも正体不明種が複数存在するため、同定には注意を要する。八重山諸島にも少なくとも 1 種の別種がいる。
[写真のメス個体を提供してくださった納谷典明さんに心より感謝申し上げます。]
オス (西表島産)。作者はこの 1 個体しか見たことがない。
メス (西表島産)。全体的につやがあり、腹部に太い暗色の帯が入る。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus