ネオンハエトリ

Neon reticulatus (Blackwall 1853)

国内では北海道、本州、九州から記録あり。体長 2 mm 前後。林内の落葉層に見られる。山地性の印象。また近縁種に比べて大きい印象。
 
オス (北海道産)。腹部に縞模様はない。
メス (北海道産)。オスよりも淡色。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus