ワイノジハエトリ

Marpissa mashibarai Baba 2013

山口県および東京都の標本をもとに記載された。体長 4 mm 前後。和名は第一脚と頭胸部と腹部正中線の黒色部をなぞると「Y の字」になることにちなむ。草原や河川敷などで単子葉草本の根際に見られるようである。採集例が非常に少ない。
[写真の両個体の採集に協力してくださった新井浩司さん、下野稔さんに心より感謝申し上げます。]

 

オス (東京都産)。メスに比べ第一脚が長い。
メス (東京都産)。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus