アゴグロハエトリ

Menemerus bivittatus (Dufour 1831)

国内では南西諸島に分布。体長は 8 mm 前後。シラヒゲハエトリと同様、日当たりの良い樹幹や石垣、建物の外壁などに見られる。
 
オス (奄美大島産)。腹部中央と側面に黒帯がある。トカラハエトリのオスに似るが、本種の頭胸部中央の明色部は三角形。
メス (奄美大島産)。シラヒゲハエトリに酷似するが、本種は額の毛が黄色いことで区別できる。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus