シラヒゲハエトリ

Menemerus brachygnathus (Thorell 1887)

国内では本州、四国、九州および南西諸島に分布 (作者は南西諸島で見たことがない気がする)。体長は 8 mm 前後。日当たりの良い樹幹や石垣、建物の外壁などに見られる。
オス (茨城県産)。腹部に前方中央に黒斑が入る個体もある。
メス (茨城県産)。頭胸部から腹部まで 1 対の黒帯が伸びる。オオハエトリに似るが、本種の方が体に厚みがあり、頭胸部側縁の黒帯の領域が広い。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus