アメイロハエトリ

Synagelides agoriformis Strand 1906

国内では北海道、本州、四国、九州に分布。体長 5 mm 前後。アリグモには遠く及ばないが、少しアリに似ている。林内で主に落葉層に見られるが、樹皮下から採れることもある。
オス (東京都産)。腹部の白斑は横向きで、後端には明瞭な硬板がある。
オオクマアメイロハエトリでは白斑は縦向き。
メス (神奈川県産)。斑紋はオスに同じ。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus