マユミコゲチャハエトリ

Sitticus floricola (C. L. Koch 1837)

国内では北海道のみから記録あり。体長 4 mm 前後。写真の個体は大雪山系山岳地帯の砂礫地から採集された。大変美しく、登山の苦手な作者にとってはこの上ない「ご褒美」に感じられた。
[写真の両個体の採集に協力してくださった綿引大祐さん、情報を提供してくださり滞在中大いにお世話いただいた松田まゆみさん、川辺百樹さんに心より感謝申し上げます。]

 

オス (北海道産)。「エレガント」という語の似合う美しさ。

メス (北海道産)。腹部後方には明斑とその前後に暗部がある。ヤスダコゲチャハエトリのメスにきわめてよく似ており、作者は外見では区別できない。生殖器では容易に区別できる。

© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus