ミナミヤハズハエトリ

Mendoza ryukyuensis Baba 2006

おそらく日本固有種。トカラ列島および奄美大島に分布。体長は 10 mm 前後だがトカラ列島より奄美大島の個体の方が大きいようである。ススキ等の葉上に見られる。
 
オス (奄美大島産)。大きな個体は迫力がある。
メス (奄美大島産)。腹部の斑紋の様子はキタヤハズハエトリに似るが、本種の方が全体に細長い。