リュウキュウミナミツヤハエトリ

Stertinius ryukyuensis Suguro 2020

現在のところ日本固有種、奄美大島および徳之島から記録あり。体長は 3 mm ほど。本州に分布するコミナミツヤハエトリに外見はよく似るが、本種のオスは触肢の脛節まで金毛で覆われる。また、本種の方が遥かに遭遇頻度は高く、樹林地で、樹幹を覆うつる植物などからしばしば得られる。
[写真の両個体の採集に協力してくださった納谷典明さんに心より感謝申し上げます。]
論文: Suguro T. 2020 Japanese spiders of the genus Stertinius (Araneae: Salticidae). Acta Arachnologica, 69: 55-60.
オス (奄美大島産)。光沢感が弱い。
メス (奄美大島産)。コミナミツヤハエトリにそっくり。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus