ヤマトツヤハエトリ

Sibianor japonicus (Logunov, Ikeda & Ono 1997)

国内では岡山県のみから記録あり。体長は 3 mm 前後。メスは未記載。キレワハエトリやクロツヤハエトリによく似るが、やや腹部が細長い印象を受ける。作者は写真の 1 個体しか見たことがないが、この個体では第二~四脚がきれいな橙色。生殖器では容易に区別できる。どこにでもいるわけではなく、この個体は湿地の地表から採集された。
[写真の個体を採集してくださった野嶋宏一さんに心より感謝申し上げます。]
オス (岡山県産)。
オス (岡山県産)。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus