アリガタハエトリ

Synageles venator (Lucas 1836)

国内では北海道に分布。体長 3 mm 前後。容姿やちょろちょろ動き回る様子がアリを彷彿とさせる。アメイロハエトリの仲間に似るがより小型。写真の両個体は河川敷の草地にて採集した。採集例が少ない。西日本から記録されている同属のイナリアリガタハエトリとは、生殖器の形態で容易に区別できる。
[写真の両個体の採集にあたり情報を提供してくださった松田まゆみさんに心より感謝申し上げます。]
オス (北海道産)。地表付近の枯草の茎を歩いていた。作者はこの 1 個体しか見たことがない。その時はこの 1 個体のために北海道まで行ったのだが、採れた時は叫ぶほど嬉しかった。
メス (北海道産)。上のオス個体を採集した3か月後に、同所にてスウィーピングにより採集。オスに比べると第一脚は若干華奢。
© 2014 by Tatsumi SUGURO. Proudly created with Wix.com
  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus